新年会 初釜

募金活動

メリディアンマーチングフェスタ

団結成50周年記念キャンプ    戸隠ガールスカウトセンター

はりま風薫るフェスタ

H30/4/28今年もお天気で開催されました。テンダー・ブラウニーはいろんなブースを回り、車いすや点字などを体験しました。

ジュニアは模擬店のお手伝いを行いました。

初めはなかなか大きな声で接客できませんでしたが、徐々に笑顔が増えて、自信につながったと思います。

お茶のお稽古

H30/4/15

2回目のお稽古は前回の復習でふすまの開け閉め、お辞儀の仕方、お菓子、お茶のいただき方に加え、ブラウニーはお茶やお菓子のお運びの練習、ジュニア以上は袱紗さばきの練習を行いました。

慣れるまでは時間がかかりそうですが、皆きちんとお稽古できましたね。

次は初めてのお茶席体験です。楽しみですね。

H30入団式

H30/4/8

今年度はテンダー部門1名、ブラウニー部門1名の新しいお友達を迎え、入団式を行いました。

お池の儀式は全員で♪ そのあとは考古博物館で発掘体験や展示を見学、歴史の勉強をしました。 

新たな一年、スカウト活動を楽しみましょう。

 

フライアップ

H30/3/31~4/1

1日目は一年間の総まとめでロープやソングなどの復習。クラフトは少し難しかったけれど

リーダーに助けてもらいながら、かわいいフクロウを作ることが出来ました。夜は夏のキャンプが中止でできなかったボンファイヤー♪ ヤングリーダーとレンジャーが主となって、

盛り上げてくれました。みんなで大きな声で歌って踊って楽しい時間を過ごしました。

2日目はフライアップ式典。

今年度はSr1名、Rr3名と年長部門のみフライアップとなりましたが、他のスカウトたちも

次の学年へステップアップということで、リーダーたちからのそれぞれ表彰を受けました。

レンジャースカウトの技能帯についているバッジの数の多さにブラウニーたちはびっくり!!

皆でいくつあるか数えていました。

大きくなるにつれ、できることが少しずつ増えていきます。

考える力、人を思いやる心、目に見えないけれど成長が感じられる1年でもあります。

新年度、新たなステージでみんな仲良く力を合わせて活動しましょうね。

 

初釜式

H30/1/28

初釜式を行いました。

お月見会でお抹茶を飲む機会はあるけれどきちんとしたおけいこは初めて。

おぜんざいを食べた後お茶席へ。

ふすまの開け閉め、おじぎの仕方などを教えてもらい、実際にお点前を拝見。

普段見たことない緊張した顔が多く見れました。

これから少しずつ覚えていきましょうね!!

 

 

 

H29年度スキー

今年は団以外のお友達も一緒にスキーを楽しみました。

初めてのお友達はインストラクターの先生に教えてもらいながら、板のつけ方、ストックの使い方、歩くところから始めていき、

最初はこわごわだった子どもたちも徐々に慣れてきたのか笑顔に(^v^)

2年目以降のスカウトたちはすぐに勘を取り戻し一年ぶりのスキーを楽しんでいました。

 

2・3年前には全く滑れなかったスカウトが初めてのお友達をやさしくサポートしながら滑っている姿を見て

成長を感じながら過ごした2日間でした

 

 

 

第71団30周年記念式典

H29. 10. 1

 

高砂にあるガールスカウト兵庫県第71団の発足30周年記念式典にご招待いただき、

26団から代表でジュニア部門のスカウト2名が参加しました。

 

式典への参加や1日のプログラムを楽しみ、71団のスカウトやリーダーとたくさんお話しできたようです。

 

ガールスカウト兵庫県第71団の皆様、おめでとうございます。

敬老の日クラフト集会

H29. 9. 3 中央公民館

 

敬老の日を前に、おじいさん、おばあさんたちに渡されるクラフトを作りました。

 

今年のクラフトは、フェルトの小物入れです。リボンの色の組み合わせや

合成をスカウトたちが自ら考え行い、ステキな小物入れがたくさんできました。

 

また、ジュニア部門は今回の集会の中でロープワークの練習を行いました。

実際に竹を使って、まき結びやすじかいしばり、角しばりなど竹クラフトに応用できる

ロープワークをたくさん習得しました。

 

一人ひとり進度は違いますが、コツコツと地道に練習する姿が見られました。

戸隠連盟キャンプ

H29. 8. 18~8. 21 戸隠ガールスカウトセンター

 

長野県にある戸隠ガールスカウトセンターにて、兵庫県連盟主催の記念キャンプが行われました。

このキャンプの参加対象は、ジュニア部門(6年生のみ)、シニア部門、レンジャー部門、ヤングリーダー(18~35歳の成人会員)で

26団からはヤングリーダーが3人参加しました。

 

事前に自分たちのしたい企画、作りたい料理などをリストアップし、材料のリストやしおりも自分たちで作成しました。

「自主運営」という形でのキャンプでしたが、多くの連盟のスタッフの方々に助けていただき、無事やり遂げることができました。

 

このキャンプで培った技術や運営能力などを、団の集会やキャンプでも生かしていってください。

シニア・レンジャー部門 勉強合宿

H29. 8. 5~8. 6 良仙寺

 

8月初旬に、良仙寺にてシニア・レンジャー企画の勉強合宿が行われました。

 

今年は、受験生の学年のスカウトが多く、スカウト自身から声が上がった企画です。

 

各自、夏休みの宿題や受験勉強の参考書を持ち込み、黙々と勉強に取り組みました。

わからないところは、塾講師のアルバイトをしているヤングリーダーが対応しながら、勉強が進みました。

 

食事もお寺の台所をお借りして作り、みんなでおいしく食べました。

 

自分たちで企画することのむずかしさ、大変さがあったとは思いますが、中高生年代である

シニア・レンジャーのスカウトだからこそ実現した集会でした。

キャンプに向けて 野外集会

H29. 7. 30 望海公園

 

望海公園にて、キャンプで必要な技術の練習を行いました。

 

ブラウニー部門は、石や枝などを使って道するべを作る方法と、その意味を学びました。

この知識があれば、看板や標識がなくても進むことができます。

 

ジュニア部門は、テント設営の練習を行いました。暑い中、汗をたくさんかきながらの作業でしたが、

スカウトみんなが実際に入って寝泊りのできるテントが立ちました。

また、かまどを使った料理にも挑戦しました。

 

シニア・レンジャー部門は、自らの企画で野外料理を行いました。

棒焼きパンやバームクーヘンを作り、ほかの部門のスカウトにもおすそ分けしてくれました。

 

スカウト、リーダー、保護者が笑顔で楽しく過ごした集会でした。

キャンプに向けて

H29. 7. 23  中央公民館

 

中央公民館にて、キャンプに向けての準備集会を行いました。

 

ブラウニー部門は、キャンプのしおりの表紙の絵をかきました。初めてのキャンプで緊張しながらも

楽しみにしている様子がうかがえました。テントやハイキング、大きなリュックの絵などキャンプの内容をとらえた

かわいい絵が出来上がりました。

 

ジュニア部門は、石を使った道しるべや方位磁針を使った方角の決め方、道しるべを勉強しました。

番号が書いてあるカードを使って道しるべをたどったり、グループ分けをして、自分たちで道しるべを決めました。

 

キャンプでも応用できるように、覚えておけるかな?

 

9月のキャンプが一層楽しみになりましたね。

お料理集会

H29. 7. 16  南部コミュニティセンター

 

南部コミュニティセンターの調理室をお借りして、お料理集会を行いました。

 

ブラウニー部門は、サンドウィッチとゼリーを作りました。自分の身長よりも調理台は高かったのですが、

イスを使うなど工夫して調理を進めることができました。 包丁をつかったりパンで挟んだり、一つひとつの工程を

丁寧にこなし、おいしいご飯が完成しました。

 

ジュニア部門は、事前に自分たちでメニューを決めて、材料をしらべたり、調理順をメモするなどの下準備を行い、

集会の日を迎えました。自分たちでスーパーまで行って買い物をし、ご飯チームとデザートチームに分かれ、

調理に取り掛かりました。調理を後片付けをバランスよく行い、おいしい麻婆豆腐とチャーハンができました。

 

両部門ともおいしいご飯が出来上がったのでお互い交換して食べました。出来上がったご飯はいつもお世話になっている

センターの方にもおすそ分けしました。

 

美味しいご飯を食べてお腹いっぱいになりましたね。

ダメ・ゼッタイキャンペーン

H29. 6. 25 アスパ高砂

 

アスパ高砂にて、ダメ・ゼッタイキャンペーンを行いました。

 

ダメ・ゼッタイキャンペーンとは、薬物やドラッグの防止啓発運動です。

年少スカウトから年長スカウトまでが大きな声で町の人に呼びかけることができました。

父の日 野外料理

H29. 6. 18  望海公園

 

望海公園にて、野外料理集会を行いました。「父の日」にちなみ、親子で参加できる集会になりました。

 

ブラウニー部門はサラダを作ったり、シチューの材料を切るなどの下準備を通して、刃物の扱い方を学びました。

食器を出したり、食べた後の後片付けなどできる限りのお手伝いをすすんで行うことができました。

 

ジュニア部門はかまどを使って、下準備されたシチュー加熱調理を行いました。

煙で目が痛くなったり、火の前で熱い思いをしながらも無事昼食を完成させることができました。

 

また、両部門でパンの記事を作り、棒焼きパンを作りました。火の加減が難しく焼くのに時間はかかりましたが、

一人ひとりおいしいパンを作ることができました。

 

保護者の方にもご協力いただき、親子でクッキングを楽しむ様子が見られました。

部門集会

H29. 6. 11  中央公民館

 

本日ブラウニー部門に新しく2名のスカウトが入団しました。

 

これからブラウニー部門4名で、さらににぎやかで楽しい活動を見られるのが楽しみです。

座禅・クリーンキャンペーン、ジュニア部門集会

H29. 6. 4  中央公民館

 

朝6時という早い時間から集合し、良仙寺にて座禅を体験しました。

静かな空間で風の音や鳥のさえずりを聞きながら、心を落ち着けることができました。

 

座禅体験のあとは、いつも活動でお世話になっている中央公民館の近くにある公園にて、クリーンキャンペーンを行いました。

スカウトが自ら軍手やビニール袋を持参し、公園をきれいにしました。

 

ジュニア部門は、その後部門集会を行いました。

今年のジュニア部門の班名である「のじぎくパトロール」のパトロール旗、パトロール章を

作成しました。シンプルながらもリーダーを含めたジュニア部門全員の名前が入った、すばらしい作品ができました。

ガールスカウトの日

H29. 5. 21 南部コミュニティセンター

 

ガールスカウト日本連盟では、1920年から継続していたガールスカウト活動を、戦後再開した日を「ガールスカウトの日」と称し、より多くの方々にガールスカウトについて知ってもらう日としています。

 

この日は、スカウト自身がもっとガールスカウトについて知ろう!ということで、集会を行いました。

 

ジュニア部門のスカウトが26団では毎年どんな活動をしているのかをテンダー、ブラウニー部門のスカウトに向けて発表しました。今年入団したばかりのスカウトたちは、キャンプで背負うリュックサックの重さと同じだけのナップサックを背負って、険しい表情を浮かべていました。

 

そして、ガールスカウトの基礎技術であるロープワーク、ソング、救急法について学び、復習をしました。今まで学んだことを思い出し、スカウト同士で教えあうことができました。

母の日集会、世界一大きな授業

H29. 5. 14 中央公民館

 

ブラウニー部門、ジュニア部門に分かれて集会を行いました。

 

この日は母の日ということで、ブラウニー部門は日頃の感謝をこめて、お母さんにプレゼントを作りました。それぞれの個性にあふれたすてきなプレゼントを作ることができました。おうちに帰って、お母さんが喜んでくれるといいですね。

 

ジュニア部門は、世界中の国々で教育について考えるためのプログラム「世界一大きな授業」に参加しました。世界の子どもたちが学校に行くためには、どのくらいのお金が必要なのか、今日本が援助できている額はどのくらいなのか、などをリボンを使って再現し体感しました。普段いやだな、と思っている学校に行く、という行為がどれだけ貴重なものか実感できました。

Girl Scouts in KOBE 合同集会

H29. 4. 23 六甲アイランド

 

六甲アイランドで活動するアメリカ連盟のガールスカウトからのお誘いを受け、兵庫県連盟から約30人のブラウニー、ジュニア部門のスカウトが参加しました。26団からもテンダー部門1人、ジュニア部門7人が参加し、様々なポイントが用意されたラリーに外国人のスカウトたちと挑戦しました。

 

言葉が違ってもジェスチャーや簡単な単語を通して、楽しく交流することができました。ガールスカウトとして必要な技能やクラフトを通して、様々な文化を体験し、とても有意義な時間を過ごすことができました。

部門集会

H29. 4. 16 南部コミュニティセンター

 

南部コミュニティセンターにて、ブラウニー、ジュニア部門がそれぞれ部門集会を行いました。

 

ブラウニー部門では、新入団のスカウトを迎え、ガールスカウトの「やくそくとおきて」を覚えました。また、ガールスカウトの基礎知識について、バッジブックを用いて学びました。

 

ジュニア部門では、8つのおきてを改めておさらいし、おきてを書いたクローバーを作成しました。個性がそれぞれ光クローバーを作ることができました。

 

お天気がとてもよかったため、ブラウニー、ジュニア部門ともに近くの公園へ。雲一つない青空のもとで元気に活動しました。